2012年1月21日土曜日

アクティブ・ブレイン F1コース優勝!

色々あった2011年、色々ありそうな2012年。
書くべきことはたくさんあるし、書きたいこともたくさんあるけれど、溜め込んでしまった。まずは直近の、アクティブ・ブレイン第4回F1コースについて。

2012年1月14日~15日にかけて開催された、F1コース。アクティブ・ブレインで開花した記憶力を駆使して、常識はずれのチャレンジをするコース。参加者の共通点は、アクティブ・ブレインを受講していること、そして向上心があること。参加者は50人ほどなので、大規模というわけではない。そしてあくまで個人的なイメージだけど、「普通の人が挑む記憶力コンテスト」だと思う。このために何ヶ月も前から準備する人は(多分)いないし、普通に仕事をしている人が多い。アクティブ・ブレインの認定講師はいても(今回はいなかったけど)、記憶力「だけ」で飯を食っている人は(多分)いない。

なにより、俺自身がただの会社員だし、現場監督だ。普段はヘルメットをかぶって、自分で工具を持ってトンテンカンとしていることも多い、ブルーカラー労働者だ。アクティブ・ブレインに出会って人生観は変わったけれど、人生は多分まだ変わっていない。夢は膨らんできているけれど。

さて本題。今回が3回目の挑戦となるので、なんとしても優勝したかった。
前回までにF1コースで会った人たちとも話をしたかったけれど、皆さん都合が合わなかったようで、恐らく3回目の挑戦というのは俺一人。まだ4回目の開催なので、最多出場だね。

内容は昨年と大きく変わらず。得点が稼げたところ、伸びなかったところの傾向も去年と同じ。やや力を入れた、人の顔と名前を覚えるところは点が伸びたけれど(それでもようやく半分)、アプローチを変えてみた年表記憶は散々。去年より大きく点を落としてしまった。

最後のトランプ記憶でも記憶ミスがあり(正確には思い出し間違い)、総合点は去年よりも40点くらい落ちたけれど、なんとか優勝。去年はランキング圏外だったから、今年のレベルが低かったのか、去年のレベルが高かったのか。項目別の最高点を考えてみると、去年のほうがレベルが高かったのだとは思う。去年のチャンピオンは、多分100点以上多く取っていた。会場の熱気も、去年より熱くなかった気がする。去年はとても盛り上がっていたし、先生への質問も多かった。終わったあとも、10人くらいで打ち上げに行ったし。

とはいえ、優勝は優勝。3度目の挑戦で、念願の優勝。
小田先生に電験の免状を見せて褒めてもらうという、一番の目標も達成できたし、充実感でいっぱい。

難しかったのは、チーム内での発言。
3回目なので、種目別のポイントはある程度わかるし、自分が得意な種目ではコツも教えられる。でも、それをやってしまうと、初挑戦の人から驚きと喜びを奪ってしまう気がして、どこまで話すべきかとても悩んだ。結局奥歯にものが挟まったような物言いしか出来ず、チーム内の盛り上がりは去年より確実に欠けていた。

興味深かったのは、今回初挑戦という方に、「去年はまだ、F1コースに挑戦する自信がなかった」と語る方がいたこと。俺の場合ベーシックコース、アドバンスコースと受講して、自分の能力が確実に開花していることに感動した。それと同時に、「これだけのことができたのだから、F1コースを受講したらもっととんでもないことができるようになるに違いない」と思ったので、迷うことなくF1コースを受講。
��正確には迷った。資金と時間の都合があるので、英単語コースと速読コースも含め、どれを受けるか選ぶ必要があった)

アクティブを受講すると、少なくともアドバンスコースまで受講すると、陽転思考がある程度身につくはず。
F1コースに挑戦することそのものにためらうというのは、個人的にはとても意外だった。俺自身は、期待が膨らむ一方で、不安なんて微塵も感じてなかったから。