2012年4月19日木曜日

電験三種攻略その3 理論-2

さて、理論。
根本的に理論の理解が怪しいことは自覚していたので、きちんと理解することを目的にして勉強した。「短時間で必要最低限だけ勉強して合格する!」みたいなことを推奨している本やサイトは多いし、それを否定はしないけれど、俺の場合目的が違った。もちろん試験に合格するというのは重要な目的だが、それ以上にきちんと理解することに重点を置いた。勉強する以上、単に資格を取るだけじゃなくて、実務に役立てたいからね。電験三種は理解していなくても合格できる試験だけど、実務での応用は理解してないと難しいから。

いろいろな参考書を買って、買うだけ買ってほとんどは積みっぱなし。薄い本だと内容が浅く、理解するのが難しいことが多い。厚い本だといいかといえばそうとも言い切れなくて、そもそも手に取るためのハードルが高いし、単に記述が冗長なだけというのも多い。

その中で、唯一最初から最後まで全部やって、問題も全て解いたのはこの本。



いい本だと思ったけど、amazonの評価は高くないし、絶版なのね。

問題を解く際の式の変形や、重要公式から他の重要公式を導く方法など、省略が少なく丁寧に記載してある。一足飛びに結論を書かれることがないので、きちんと式を追いかけていけば、内容が理解できる。当然ながら、一般的な数学の勉強法と同じく、読むだけでなく自分でペンを動かして式を書いてみること。そうすれば「理解できていないのか」「理解できたがテクニックが必要な変形で、テクニックを使うのが怪しいのか」「ひらめきが必要な変形だから、理解した上で覚えてしまったほうが良いのか」が判断できるようになる。

惜しむらくは、重点項目だけに解説を絞り込んでいて、範囲を網羅できていないこと。本書だけで合格点を取るのは、正直なところ無理だと思う。過去問をやってみると、本書がカバーしていない分野からの出題って結構あるし。なので、本書の他にテキスト2冊と、過去問集を併用した。



過去問は他に「精選問題集」というのも使ったけど、こちらも絶版みたい。
基本的には「必修項目」で勉強して(演習問題も全てやった)、過去問に挑戦。解けなければ「必修項目」を紐解きながら考えて、それでもわからなければ「これだけ理論」を参照。「これだけ理論」でも分からない問題だけ「徹底解説」を読む、というスタイル。

最初に「必修項目」を通して勉強。基本的には1日1単元だけど、それにこだわらずに気分が乗れば多く進めたし、理解が怪しいところには時間を掛けた。

勉強するときは、新しい項目は夜。毎日、だいたい1時間くらい。それ以上は集中力が続かないから、スパっとやめてしたいことをする。で、酒は飲まずに寝て、翌朝早起き。30分くらい、前夜掛けた時間の半分以下の時間を使って復習。内容によって、読み流すだけのこともあれば、式の展開を書くこともあるし、演習問題をやるだけのこともあった。復習すると記憶は定着するし、理解が怪しいところがはっきりしてくるので、これはとても重要。

過去問に挑むときは、問題を読んですぐに解き方を思いつかないときは、さっさと諦めて解説を読む。最初にどう手を付けていいのかさえわかれば解ける問題もあるし、公式が思い出せないから解けない問題や、理解できてないから解けない問題もある。なぜ解けないのかは2回もやれば自覚できるから、夜挑戦した問題が朝解けなければ、その日の夜は再度その問題について、テキストを見たり公式のメモを見たりしながらもう一度解く。その上で、更に翌朝挑戦してみれば、大体解ける。2回目に挑んで解けなかった問題は印をつけておいて、重点的に復習する。同じ年度の問題を10回解いたとして、理解できた問題は2回くらいしか解かないし、10回やってもまだ解けない問題が残ってたりもする。それでも、5回を超えたあたりから、ポイントさえ思い出せば解けるようになってくるので、自信がついてくる。

ちなみに、前述のとおり、すぐに解き方を思いつけない問題はさっさと諦めるので、1年分やっても30分くらいで終わる。解けるようになってくると、計算する時間がかかるようになるが、解けてる間は面白いので苦痛ではない。考えてもわからない問題に挑むのが一番苦痛なので、そういう時間は短く済ませるのがコツと言っていいのかな。

あああ、また長くなった。まだまだ書きたいので、続く。