2010年9月4日土曜日

070 / 350 政治のニュースが面白いほどわかる本

10点満点で、7点。
読書時間(普通に読んだ)・・・1時間半程度

もう10年前、小泉政権が発足する前の本だから、内容が古いのは仕方ないか。
当時購入したものの、典型的な積ん読になり、今頃ようやく手に取った。

内容は確かに初心者向けで、ややレベルは低いか。それでも、基本となることから丁寧に解説してあり、本当によくわかる。政党の違い、選挙の仕組み、公共事業、銀行がつぶせない理由、日米安保など。わかりやすいだけに、本書だけでわかった気になってしまうところがやや恐ろしいが、興味を持てば自分で調べればよい。

逆に言うと、本書程度の知識を持っていなければ、政治について語るのはやや不足。基本的なことくらいは抑えていなければ、何か主張しても、一顧だにされないだろう。もっと勉強しなければ、と自省。

ちなみに本書はどういうわけか、改行がやたら多く、また単語の区切りで改行していたりして、文字数はとても少ない。その上図も多く、読書経験に乏しい人が基礎知識ゼロでじっくり読んでも、3~4時間あればお釣りが来るだろう。読書経験がそれなりにあり、政治に関する基礎知識もいくらかあれば、1時間かからないかも知れない。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ