2010年9月18日土曜日

074 / 354 最新 政治のニュースが面白いほどわかる本

10点満点で、7点。
読書時間(普通に読んだ)・・・1時間半程度

政治のニュースが面白いほどわかる本」の改訂版。2009年の出版だから、麻生内閣時代。本書ではまだ、政権交代が起きる前の情報で書かれている。

政権交代とはいったいどういうことか(それを争点に選挙するようなものではない)、連立政権とは何か(本来あるべきではないもの)など、前著と同様わかりやすく書いてある。前著では比較的中立的な立場から書かれていたが、本書は「今の自民党はダメ、しかし残念ながら民主党もダメ」という視点で書かれている気がする。

テーマは大きく三つ。「構造改革とは何だったか」「政権交代とは何か」「これからの国際貢献はどうあるべきか」が取り上げられている。前著よりもテーマを絞った分、一つ一つの話題について詳しく触れてはいるが、まだ浅い。政治に興味のない人が、入門書として読むべき本だろう。

欲を言えば、本書の次のステップとなる本の紹介があればよかった。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ