2010年9月25日土曜日

075 / 355 この一冊ですべてがわかる普天間問題

10点満点で、6点。
読書時間(普通に読んだ)・・・1時間半程度

緊急出版と書いてあるとおり、118ページのムック本に近い体裁。4月1日発行だから、まだ鳩山政権が迷走しているときに出版されている。

・そもそも普天間基地の何が問題なのか
・日米が危険性を認識しながら、なぜ未だに解決していないのか
・著者の考える解決案
・普天間基地の存在価値、戦略的意義とは何か

について、わかりやすく書かれている。
しかし随所に著者の主観が入っており、客観性にはやや劣るか。「こうだからこうなるはずだ」の論法が多いのが気になった。知識の一片としては読むべき本だろうが、本書をメインの参考書として読むのは問題ありという気がする。

普天間で迷走し、日米関係が悪化している足下を見られて、中国に尖閣諸島を奪われつつある。
この亡国政権はあといったい何年続くのか。日本は国体を維持できるのか。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ