2010年4月24日土曜日

052 / 332 cプログラミングの非常識

学生の頃買った本。何回読んだのだろう。たぶん5回くらいかな。
プログラムを書かなくなって久しいが、書いていた頃は、スタイルの洗練や落とし穴について知るため、ちょくちょくひもといた。一つのトピックが短くまとめられており、わかりやすい。

平成4年、18年前の出版なのでさすがに内容は古い。CP/Mの話題や、トライグラフなどについてもページが割かれている。nearポインタ、farポインタなんて、最近のプログラマは知らない人も多いんだろうな。

決して入門書ではないが、入門書を卒業したら、読んで損はないと思う。たぶん。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ